ルテインとは

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。
ルテインは、もともと人間の目の中にあり、網膜の黄斑部に存在しています。黄斑部はものを見るのにもっとも大切な部分で、ルテインはこの大切な部分の働きを支える重要な成分です。

ルテインは健康維持に必須!

ルテインとは野菜や果物に含まれるカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持ちます。体内では眼、肌、乳房、子宮頸部などに存在し、これらの部位の健康維持に役立っています。また食事に含まれるルテインは健康な眼を保つ役割を果たします。

ルテインは年齢と共に減少します

ルテインは、もともと人間の目の中にあり、若い人の目にはたっぷり蓄積されています。しかし、年齢を重ねるとともにその量は減少していきます。年齢をとってくると、ものが見えにくくなるなどの障害が出てくるのは、このルテインの減少が原因としています。ルテインの具体的な効果とは・・・。

ルテインで視力低下を防ごう!

ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれ、光合成に必要な色素の一種であるルテイン。
目の組織、水晶体、網膜部に存在し、有害な光を吸収する事により、目の抗酸化を防ぐ働きが認められています。ルテインはもともと網膜の黄班部に多く存在し人間の目を守っていますが、加齢とともに減少します。ルテインの減少がもとで目の病気や視力低下が起こるのです。
体内で作り出すことはできないので、食事や高齢者の方や中高年の方はサプリメントなどにより、ルテインを補給する必要があり、若い方も予防の観点からルテイン摂取をオススメします。

ルテインは体内で作りだすことができません

ルテインは、若い人の目には、たっぷり蓄積されています。しかし、加齢や紫外線によってその量は減少してしまいます。
現代社会、パソコンを酷使しすぎで目が疲れてしまったり、年齢を重ね、ものがみえにくくなるなどのトラブルは、このルテインの減少が原因。これほど重要なルテインですが、体内で作り出すことができません。

ルテインの効果

ルテインは目の疲れ、眼病予防、ドライアイなど、目からくる悩みにルテインの天然エキスが働きます。